はじめに

小生は佐野市に草鞋を脱いで、22年目となります。

さて、この度思う所がございまして、2019年度より、
T-MED(栃木鉱山環境開発㈱の略称)政経文化塾を主宰しようと思っております。
本塾の趣旨はおってFBのみならず、その他の媒体において告知と塾生の募集を行いたいと思っておりますので、その節は宜しくお願い申し上げます。
この度の投稿は、本塾の基本的なコンセプトとなる「孟子」について、小生の先生である鈴木棟一先生の解説を載せさせて頂きます。

小生の勝手な思い込みといたしましては、人間の思考・思想の原点となる哲学の言葉は、所謂、古代ギリシャ哲学のソクラテス・プラトン・アリストテレス、古代中国思想の四書である大学・中庸・論語・孟子で全てが網羅されており、中世以降の哲学はこの原点からの亜流でしかないと勝手に思っております。

その中で孟子は短い言葉で、小生のような凡庸な人間にも解りやすく説かれたもので有るかと思います。
今後は、月一度のペースで投稿したいと存じますので、長文で読みづらい事かと存じますが、是非ご高覧を頂き、皆様の長い人生の道筋に少しでも光を当てる事が出来れば幸甚です。

                             栃木鉱山環境開発株式会社
                               代表取締役 渡辺高章